読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

社内ノマドワークを行うようになって、気づきました。これって意外と、生産性高いよね。

社内ノマドワークを行うようになって、いろいろ気づきました。毎日毎日の打ち合わせや、頻繁におこなわれる会議は参加しなくてもある程度いけます。寧ろ、生産性高いよね。

互いに生産性をあげようと言い合って、実は、互いに生産性さげてるんじゃないの??
ノマドワーカーをやっていてる、私からは、そんな風に見えます。

かつて、みんなと席を並べて、大部屋に居たことがありましたっけね。
10年前ですかね。
なんか懐かしいです。

大部屋では、突然、質問されたり、報告を求められましたよね。
集中している思考を中断されるのは、ほんとストレッサーそのものでした。
以前は、ほんとうに仕事に集中できない状況でしたよね。

今は、自分のペースで働けるのが、いいですよね。
集中している時に横から割り込まれることがほどんど無くなりました。

打ち合わせが必要な場合は、食堂に来てもらいます。
事前にチャットで問い合わせが来て、時間調整もやりやすいです。
そして、実際には、滅多に相談に来ないです。
本当に必要な場合でしか、打ち合わせに参加しなくなりました。

電話も無いのと同じです。
実際は、専用の電話はあるんですよ。
でもバイブモードにしています。
集中している時は電話は、意識の外です。なので、滅多に気がつきません。

でも、ときどき、私が食堂にいるの知っててやってくる突然の訪問者には困惑します。
今の仕事スタイルの慣れた私にとっては、驚きの感情を持つことさえあります。
そこには、マイペースが乱れるのを極端に嫌う自分がいますね。
勿論、おとなの対応をしますよ。
ある意味、彼らには、オフィスから離れた”癒しの場”を提供しているとも言えますからね。

ノマドワーカーになってからは、基本、1人でモバイルPCに向かって思考しています。
そうですね、以前の大部屋の頃に比べて、明らかに生産性は上がってますね。
2倍〜3倍は上がった気がします。

特に、チャットが有効です。
ニュアンスや、感情伝えられます。ノマドワーカーには必須ですよね。
チャットは、がんばれば、同時に3人まではいけます。並行して、全く別の話しができます。
時々、ウィンドウ間違えて書き込み、楽しいトンチンカンな状態になっちゃいますけどね。
電話だと無理ですよね。だって、耳が2つ(両耳)しかありませんからね。