読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

新築した10階建てのオフィスビルが、あまりにエコ過ぎて住めなくなりました。

どういう経緯で、ノマドワーカーになったのかを説明すると、こんな感じです。

たまたま、新築した10階建てのビルが、あまりにエコ過ぎて住めなくなりました。

普通に、このビルで仕事できなくなりました。

 

私は、匂いアレルギー体質だったんですね。それも、けっこうな高感度。

びっくりです。

 

そういえば、小さい時から”きゅうり”が嫌いでした。

当時、小学校のあまり美味しいとは言えない給食で、決定的になりましたね。

小さく刻んたきゅうりの匂いが拡散してきて、困りました。

今ではもう、数メートル離れた場所からでも匂いをサーチ出来ます。

なので、きゅうりの入った料理を食べている人をみつけたら、室内の風の流れを読む。

そしてその人の風上側に座って食事をしています。

 

もう、10年前になります。

勤めている会社では、オフィルビルの老朽化対策が始まりました。

ほぼ、全棟の建て替えが順次始まりました。

究極のエコビルを建てたんですね。10階建てです。

でも、窓がたくさんある明るいビルは、どの窓も開かないんですね。(落下防止と、エコ空調)

集中暖房、冷房システムらしいです。

省エネ空調のなので、結構、くるくる空気が全棟を循環してるようです。

 

私は、いち早く反応しました。

そして、仕事にならなくなりました。

 

私は、窓の開く6階建てのオフィスからの引っ越しでした。

そう、すぐ隣のビルなんですけどね。

 

あれっ?、”寝るは寝る”は、知らないうちに瞼が重くなって、”机で寝て”ます。

なんか、視野が狭くなるような感じ。

なんか、瞳孔が開いて眩しくしかたない感じ。

なんか、息苦しくなるような動機が激しくなる感じ。

そして、ツーンと嫌な匂いが充満しているのがわかるのは、私だけでした。

 

ビルから出れば、頭スッキリ、冴え渡る。

なので、仕事は、元の6Fビルにある、凄い外気の排気能力のある食堂に移動します。

なんといっても、この空調を利用すれば、きゅうりを食べている人の風上に座れば、その匂いを

まったく感じないぐらい凄いですからね。

 

オフィスの机を離れて、壮絶空調付きで、窓も開けられる、食堂中心で仕事を始めました。

次の新ビルへの再度の引っ越しでは、この6Fの個室空調付きの実験室を住まいとしました。

自分の属する組織の部屋には、自分の机がありません。 

ノマドワーカー完成です。